本文へジャンプ

会長挨拶


2018~2019年度
会 長:深田 章

 2018~19年度のクラブ会長を拝命し、その責務の重大さを痛感致しております。
 さて、バリー・ラシン今年度RI会長は「インスピレーションになろう」、若林啓介今年度地区ガバナーは「ロータリーを知ろう、知ってもらおう」をテーマとして掲げられました。
 ロータリーは、親睦と友情、地域社会とのつながりを重んじ、世界的友情の輪の中で、ロータリアンひとりひとりが役割を持ち、長きにわたり奉仕活動をこのロータリーという組織の中で行っております。
 そうした中、能美ロータリークラブは創立して48年目を迎えます。歴代の諸先輩方が築いてこられましたこのクラブの歴史を引き継ぎ、会員同士が切磋琢磨しながら、ひとりひとりが「インスピレーション(原動力)」になっていければと考えております。
 そして、私たちの活動をより多くの方に知って頂くためにも、地域のニーズに耳を傾け、今後の方向性を考えながら、微力ではございますが努力していきたいと思います。
 クラブが団結し、楽しく活気あれるクラブづくりを行っていきたいと思いますので、皆様のご協力とご支援を宜しくお願い申し上げます。

歴代会長

ページの先頭へもどる